目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

JBCF 石川ロード

E2 DNF

正直ここまで走れないとは思わなかった。

スタートして半周までは先頭付近に何とか留まることができた。
立ヶ岡交差点からの上りでどこまでついていけるかと思っていたが、2つ目の負荷がかかる上りで一気に千切れてしまう。
その後の上りで立て直すことができず、そのまま辞めようかどうか迷ってしまい、2周目に。
脚も動かず、最後尾のバイクに付いてもらいながら、立ヶ岡交差点で赤旗が降られる。

その後、ジャージを裏返しにしてゴール地点に戻ることに。

最初の長い上りで何とか粘りたいところだが、苦しくてそれどころではなかった。
心拍数が高いのだが、今年は200一歩手前に。
これでは10分持たない。

これ1から出直すレベルではないような・・・
何をどうすればいいのか・・・

その後、本来なら近くの温泉に行く予定だったのが、何もせず帰路につくことに。

広告を非表示にする

そでがうらサマーサイクルフェスタ

120分エンデューロ DNF

自分の中では相性がいいと勝手に思っているそでがうら。

ここのところ実業団では全然上れない。
前日に軽く走ったのだが、上りで脚が詰まる感じうまく廻らない。
シートを一気に1cm位高くしたら、上りで脚がスムーズに廻るように。
ただ、逆に平地ではうまく脚が廻らない。

この日はシート高が気になってしまい、流すだけとなったが、家に帰ってヨネックスのサドル高と比べてみると全然違う。
シート高をヨネックスを同じにして、脚が綺麗に廻るかどうかチェックする為、そでがうらはフォイルで。
ホイールは最近導入したホイールで。

朝到着し、試走するが何か粘る感じがして重く感じる。
試走時はF:6.8 R:7.2
エアをF:7.0 R:7.4にして整列する。

今回のメンバーは顔見知りが多くかなり濃い・・・

スタートラインに付いたとたんに、サイコンのバッテリーが一気になくなっていた。
昨日充電したはずなのにおかしいと思いながらも、諦めるしかない。
これでサイコンなしで走る事となった。

(レース)
序盤30分はウォームアップのつもりで無理しない。
集団の中で大人しくしながら、落ち着いて過ごす。
サイコンがないので、ゴール脇の時計をチェックするように。

30分経過してその後1時間の間はしっかりとサイクリングできるように。
ただ、途中で一気にペースが上がるので絶対に付き切るように。
最初のヘアピンを通過しようとする際、前走者が曲がり切れずアウトに寄りながら、隣の人を巻き込んで落車してしまう。
落車するまでの一部始終は全部見ていたので、「あ~あ、やっちゃったな・・・」と思いながら、脇をすり抜け、落車を回避。
その後、チェーン切れした方いたりして少し落ち着かない状況に。

その後、ヘアピンの立ち上がりでついていけなくなり、中切れも埋めきれなくなり、途中できれてしまう。

結局22周、1時間13分位走っただけで終了。
昨年よりもペースが速い感じだったが、2時間ついていくだけの力がなかった。
レース後、すぐに帰り再度サドル高のチェックと来週の石川の準備を。

(まとめ)
・機材のチェックはちゃんとしよう。サドルが低いままローラ練したのでこの1年は棒に振るか・・・
・使い慣れたインチキ機材は偉大だ。
・サイコンのチェックは確実に。充電できたかどうかは確実に。
・やはりエンデューロでしっかり走れないと、実業団では走れない。

 

JBCF 西日本ロードクラシック 広島

(6/30移動日)
1日目のレースは朝一なので前日移動となる。
飛行機での輪行だが、L-100とゴキソのホイールバックで。

f:id:dolphin-sport904:20170705212443j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170705212518j:plain

・リアディレイラとペダルは外す。

f:id:dolphin-sport904:20170705212545j:plain

・ゴキソのホイールバックで両側から挟みこむ感じにしてクッションも兼ねる感じで。

f:id:dolphin-sport904:20170705212613j:plain

ペダルを外すことになるのだが、必要最小限の工具で済ませたいのでペダルはLOOKのチタンシャフトで。
このペダルだと、6mmレンチが使えるので重宝する。

なけなしのマイレージをはたいて、ANAの広島便に。
ANAの国内線だとある程度丁寧に扱ってくれそうなので心配しないで済むかと。

広島に到着し、バイクを組み立てた後は輪行袋等はコインロッカーに放り込む。
荷物の嵩が張らないとその点で気が楽に。

またタイヤがラテックスなので、パナのボンベを持参することに。

f:id:dolphin-sport904:20170705212723j:plain

やや長いが、空気入れるのが凄く楽。
飛行機だと、空気をある程度抜かないといけないで空港に到着したら空気を入れないといけない。

近くのガソリンスタンドである程度高圧までエアが入れられるとかなり楽になるのだが。
(後述するが、広島空港では空気入れが常備してあった)

荷物はなるだけ最小限に済ませ、機動性を高くしたい。
あとはフレームに傷がつく恐れがあるので、その心配をするのなら傷ついても惜しくないフレームがいいかも。

(7/1 Day-1)
E2 DNF
朝方雨が断続的に激しく降るが、宿を出るときには何とか止む。
スタート前だが、路面が濡れており不安を感じたので試走してみる。
試走後列に並ぶとかなり後方から。
スタート時に一気に前に出るがこれが命取りとなった。
下りで付いていこうとする意識が強く、流れるように下ることができない。
細かい上り返しで余計な力を使ってしまう。
下りコーナーでリアが滑る感じがし、前方との差が徐々に開く感じ。
三段坂までたどり着くことができず、1周目でDNF
最悪完走かと思っていたが、走るだけの実力がなかった。

その後何もする気力できず、油断して横になっていたら頭が痛くなってしまった。
寝るときに凄くだるく感じてしまう。

(7/2 Day-2)
E2 44位(トップから+6:54落ち)
朝起きてから頭が痛く、電解質パウダをボトルに入れ、少しづつ口に含む。
スタートが遅いので宿で朝食をとり、9時半頃まで過ごす。
チェックアウトし荷物を空港のコインロッカーに預け、レース会場へ。
アップは公園入口を軽く往復し、センター前の坂を数回脚を廻して上る。
坂を上る時、身体の使い方をチェックする感じで。

検車は早めに済ませ、バイクを前方に並べる。
バイクを並べた後は、近くの小屋で涼みながらスタートを迎える。

(レース)
1周目はとにかく落ち着くこと、慌てない事、余計な事はしない事。
スタート後の下りは流れるように、リズムよく下ることができた。
途中の上り返しも無理せず落ち着いて対処できた。
三段坂は何とか対処して、1周目を前方集団で

2周目は三段坂に入る前の下りで前方と差がやや開いてしまう。
三段坂の手前で一気に差を詰めようとして力を使い、三段坂の1段目で千切れてしまう。

その後は数人と廻して何とか完走することに。
レースとしてはほとんど内容はないのだが、DNFだった前日と比べ完走できただけよしとしないと。

(レース後)
泊まった宿に日帰り温泉を併設しているので、そこで汗を流す。

f:id:dolphin-sport904:20170705212752j:plain

その後空港に戻り、荷物をパッキングしてチェックインする。
広島空港ではサイクリング向けに更衣室や自転車専用スペースを設けている。

f:id:dolphin-sport904:20170705212827j:plain

こういうのがあると非常に重宝する。

その後は、生牡蠣とスパークリングワインを堪能することに。

f:id:dolphin-sport904:20170705213236j:plain

危うく広島焼食べ損ねるとこだった。

f:id:dolphin-sport904:20170705213310j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170705213333j:plain


今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170705212954j:plain

(フレーム)SCOTT FOIL
(クランク)DURA9000 52-38T
(ホイール)BORA35 ウルトラ
(リアスプロケット)9000 11-28T
(タイヤ)ヴィットリア コルサ(23C)
(空気圧)
 (Day-1)F:6.6 R:7.0
 (Day-2)F:7.6 R:8.0

f:id:dolphin-sport904:20170705213025j:plain

パナのボンベはこんな感じで括り付ける。

 

(全体的なまとめ)
・昨年走ったのに全然予習していなかった。
・酷暑の広島はもう一本ボトルを用意すべき。
熱中症対策は万全に。特に事前に水分の補給はマメに。
・上り方を忘れてしまった。身体の使い方をチェックしないと。
・近隣のお好み焼き屋は念入りにチェックしよう。

ミシュラン度数)
レース⇒★☆☆(総合的な力量がないと走れない)
グルメ⇒★★★(今回はこれが主目的!!)

JBCF 栂池ヒルクライム

E2 68:23(トップから+14:40遅れ)

今回3回目だが、実業団としては初めて。

実業団のヒルクライムでは最初から勝負には絡むことはできない。

ただ、自分自身に向き合うことにより、前回からどの様に進歩したのかどうか。

f:id:dolphin-sport904:20170622055931j:plain

(レース前日)
チームからは単独参加となるので、輪行で行くことに。

f:id:dolphin-sport904:20170622060040j:plain

ヒルクライム参戦の味方、あずさ回数券。

f:id:dolphin-sport904:20170622060024j:plain

車だと複数人に行くのにはいいのだが、単独だと渋滞につかまるし、アイサイトでごまかしても疲れが溜まる一方。
栂池のいいところは輪行しやすい場所。

列車からバスの接続もスムーズだし、栂池のバス停から宿は目の前。
美ヶ原も輪行に優しい大会だが、栂池もアクセスが容易だった。

大網を8:38発、千葉から緩行線で新宿まで。
新宿で弁当等買い込み、11:00発のあずさ13号で松本まで。
松本から大糸線で時間をかけて白馬まで行き、そこからバスで栂池高原まで。
栂池高原16:30頃着

乗換で待たされることはなかったが結構時間がかかった。

何とか前日受付を済ませ、そのまま宿にはいる。

(レース当日)
6:00頃朝食。
マネージャーミーティングを済ませた後、ペンション内を何周か回ってアップする。
荷物を預け、サインしてからスタートから軽く上ってみる。
脚も廻る感じがし、調子がいいかなと思っていたのだが。

今回は体重の4.5倍の出力換算でタイムを設定してみた。

f:id:dolphin-sport904:20170622060306j:plain

設定タイムは1時間位に。

 

(レース)
スタート~バイパス入口
実業団のヒルクライムはホビーとは勝手が違う。
いきなり体重の6倍以上で上る感じ。
序盤は10%の斜度が続くので無理しないよう。
勝負には絡めないのでマイペースで坦々と上っていく。
設定よりもやや早い感じ。

バイパス入口~しらかば駅
ペンション内でやや勾配が緩くなる。
それでもまだ序盤なので、焦らず落ち着いて。
最後の方で結構ひと塊となったがこれも見送る。

しらかば駅~リフト下コーナー
やや斜度がきつくなる。
路面が悪くなるが、負荷をやや掛けながら落ち着いて上る感じ。
思っていたよりもパワーが出せない感じ。
それでも設定よりも30秒遅れで留まる。

リフト下コーナー~栂大門駅
ここはしっかりとパワーを掛けたいところだが、全然かからない。
脚が重く感じ、廻らない。
設定より3分以上遅くなってしまい、ここで気持ちが切れてしまう。

栂大門駅~ゴール
脚が動かなくなり、気持ちまで切れてしまう状況だとどうしようもない。
ゴールまでやたら遠く感じてしまう。

昨年よりも5分以上タイムを落としてしまった。
この1年何をやっていたのか・・・
このタイムでは実業団ではまともに走れない。
1からやり直すどころではなく、自転車辞めようかと思う位。

 

今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170622060210j:plain

(フレーム)SCOTT FOIL
(クランク)DURA9000 52-34T(34Tのチェーンリングは6800)
(ホイール)BORA35 ウルトラ
(リアスプロケット)9000 12-28T
(タイヤ)ヴィットリア コルサ(23C)
(空気圧)F:8.0 R:8.4

 

今回のまとめ
・人間的な進歩が全くなかった。自分が大人だと思っていたのが凄く恥ずかしくなってきた。

 

レース後は栂の湯に浸かり、13時前のバスで帰路へ

f:id:dolphin-sport904:20170622060240j:plain

少し時間がなかったのでバタバタしてしまった。
白馬駅前でとんかつを食べて、14:37発のあずさで一気に新宿へ。
大網には20:30頃着。

結果としては散々だったが、栂池はコースとしては悪くない。
来年も参戦しようかと思う。

フクアリクリテ

エキスパート 25位(topより+1:32 出走数32名)

f:id:dolphin-sport904:20170605055601j:plain

近場で初開催のイベントなので、参戦。
何よりも遠くないので、アップがてら自走で。

f:id:dolphin-sport904:20170605055618j:plain

所持品は携帯、お金、エアゲージ位でツール缶に全部詰め込み、ほぼ手ぶらで。

1時間くらいで現地着、その後試走。

(試走)
思いの他道幅が広く、コーナーは減速しなくても済む感じかと。
路面がブロックを敷き詰めらている所は脚が削られそうな感じ。
ヒルズコートのコーナーはややきつい。
1周がやたら長く感じた。

(目標)
エキスパートだけあって、かなり強いメンバーがチラホラと。
どこまでついていけるか。
2周位耐えられるかどうか。

(レース)
他カテゴリーで落車が発生し、周回が6週に短縮。
スタート後、ローリング解除してからいきなり加速する感じ。
一気に1列棒状となり、ついていくだけで精一杯。
前走者との距離が空きそうになると何とか詰めてとにかく尻にしがみつく感じ。
コーナー後のインターバルで一気に加速できず、踏み負けてしまう。
コーナリングの処理も雑になり、コースアウトしそうになる事も。
2周目の電子フィールドのコーナー立ち上がりで前方を見ると、明らかに差が広がってしまう。
残り4周回のゴールラインを通過したところで先頭付近からついていけないくなる。
momozoさん、浜ちゃんとで何とか廻し周回を重ねるのだが、前で牽くだけの力はない。
何とか完走できた程度で終了。

とにかく、歯が立たなかった。


今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170605055711j:plain

(フレーム)FOIL
(クランク)アルテグラ6800 53-38T
(ホイール)GOKISO 38mm
(リアスプロケット)9000 11-25T
(タイヤ)エクステンザR1X(23C)
(チューブ)ミシュランラテ
(空気圧)F:6.8 R:7.2
チューブがラテックスなのでエアゲージを持参したが、空気が結構減る感じ。
スタート前にエアを入れて再チェック。

レース後は遅くならないよう帰路につき、夕方までには帰ることができた。

(まとめ)
・最初から歯が立たなかった。身の丈にあったカテゴリに参戦しましょう。
・コースは思っていたよりも走り応えがある。よくこんなコース見つけたと感心した。
・自走で手ぶらで来る人にすごく優しいレースだと感じた。余計なものを持ち帰らずに済む。

広告を非表示にする

きょうのかのうさん vol.5

秋元口(郵便局~公園入口まで、3.57km、平均斜度8.8%)のリピート練

f:id:dolphin-sport904:20170604080838j:plain

(メニュー)
10%位の上りでトルクを意識しながら負荷をかける。
タイム、出力は意識しない。
ケイデンスは75位を保つ感じで。

ウォームアップは宝竜寺口1本。
軽く脚を回すことを心掛ける。

秋元口
(1本目)15:41
最初なので徐々に負荷をかける感じで。
(2本目)15:02
すぐに下り、そのまま上る。
Cdは75位に落とすと、心拍の上がり方がややゆっくりと感じる。
2本目終わったらレストをやや長めにとってみる。
(3本目)15:27
Cdを70位に落としてみる。
(4本目)15:42
更にCdを60台して、トルクを掛けてみる。

タイムだけを見ると良くない感じだが、15分台を4本揃える感じ。
前回は続けて回数を重ねたので、一気に負荷がかからず、脚が止まってしまった。
今回は2本続けたらレストはやや長めにとり、回数を重ねても負荷を掛けることを意識。
秋元口2本でヤビツ1本位の感覚で、今回は4本で終了。
徐々にCd下げてみたが、心拍の上がり具合がゆっくりになる感じ。
パワー計がないので出力は計算するしかないが、平均トルクは15Nm位保てていた感じ。

斜度が上がるところはCd落とすと心拍が一気に上がらず、維持しやすい感じ。
秋元口の練習はこの感覚を意識しよう。

きょうのかのうさん vol.4

秋元口(郵便局~公園入口まで、3.54km、平均斜度8.8%)のリピート練

f:id:dolphin-sport904:20170528113404j:plain

鹿野山といったら秋元口
クランクをコンパクトにしたついでに暫く通い詰めようかと。
主目的は斜度が高い処での登坂力向上。

(メニュー)
秋元口は、短い10%位の上りが5つ位ある。
その上りでキチンと負荷を掛け、トルク(平均15Nm位)を意識する。
タイムは意識しない。
途中の緩斜面ではややレストする感じで。
スピードセンサーを忘れたのでギアとケイデンスを意識して負荷を掛けることを意識。

ウォームアップは宝竜寺口1本。
軽く脚を回すことを心掛ける。

 

秋元口
(1本目)14:35
意識する上りではCd80位を意識して。
(2本目)15:25
レストせずすぐに下り、そのまま上る。
1本目に比べると思うように負荷がかからず、ケイデンスが落ちる。
(3本目)16:49
途中で脚が動かなくなり、止まってしまう。
(4本目)15:03
3本目で辞めようかと思い、20分位休む。
気を取り直し、もう1本やってみる感じで。
今度はCdをやや低くして、少しリズムよく上る。
レストが効いたのか、何とか上れた感じで。

 

(今回の機材)

f:id:dolphin-sport904:20170528113827j:plain

(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード50-34T
(ホイール)キシリウムSLR
(リアスプロケット)5700 11-28T
(タイヤ)エクステンザRR1X(旧モデル)
(チューブ)R-AIR
(空気圧)F:7.2 R:7.6

 

スピードセンサーを忘れたので上りでどれだけ負荷がかかったのかの検証ができず。
ただ、回数重ねると一気に負荷がかけられなくなる。
ローラー等短時間高強度メニューをかなり意識しないと。