目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

JBCF 栂池ヒルクライム

E2 68:23(トップから+14:40遅れ)

今回3回目だが、実業団としては初めて。

実業団のヒルクライムでは最初から勝負には絡むことはできない。

ただ、自分自身に向き合うことにより、前回からどの様に進歩したのかどうか。

f:id:dolphin-sport904:20170622055931j:plain

(レース前日)
チームからは単独参加となるので、輪行で行くことに。

f:id:dolphin-sport904:20170622060040j:plain

ヒルクライム参戦の味方、あずさ回数券。

f:id:dolphin-sport904:20170622060024j:plain

車だと複数人に行くのにはいいのだが、単独だと渋滞につかまるし、アイサイトでごまかしても疲れが溜まる一方。
栂池のいいところは輪行しやすい場所。

列車からバスの接続もスムーズだし、栂池のバス停から宿は目の前。
美ヶ原も輪行に優しい大会だが、栂池もアクセスが容易だった。

大網を8:38発、千葉から緩行線で新宿まで。
新宿で弁当等買い込み、11:00発のあずさ13号で松本まで。
松本から大糸線で時間をかけて白馬まで行き、そこからバスで栂池高原まで。
栂池高原16:30頃着

乗換で待たされることはなかったが結構時間がかかった。

何とか前日受付を済ませ、そのまま宿にはいる。

(レース当日)
6:00頃朝食。
マネージャーミーティングを済ませた後、ペンション内を何周か回ってアップする。
荷物を預け、サインしてからスタートから軽く上ってみる。
脚も廻る感じがし、調子がいいかなと思っていたのだが。

今回は体重の4.5倍の出力換算でタイムを設定してみた。

f:id:dolphin-sport904:20170622060306j:plain

設定タイムは1時間位に。

 

(レース)
スタート~バイパス入口
実業団のヒルクライムはホビーとは勝手が違う。
いきなり体重の6倍以上で上る感じ。
序盤は10%の斜度が続くので無理しないよう。
勝負には絡めないのでマイペースで坦々と上っていく。
設定よりもやや早い感じ。

バイパス入口~しらかば駅
ペンション内でやや勾配が緩くなる。
それでもまだ序盤なので、焦らず落ち着いて。
最後の方で結構ひと塊となったがこれも見送る。

しらかば駅~リフト下コーナー
やや斜度がきつくなる。
路面が悪くなるが、負荷をやや掛けながら落ち着いて上る感じ。
思っていたよりもパワーが出せない感じ。
それでも設定よりも30秒遅れで留まる。

リフト下コーナー~栂大門駅
ここはしっかりとパワーを掛けたいところだが、全然かからない。
脚が重く感じ、廻らない。
設定より3分以上遅くなってしまい、ここで気持ちが切れてしまう。

栂大門駅~ゴール
脚が動かなくなり、気持ちまで切れてしまう状況だとどうしようもない。
ゴールまでやたら遠く感じてしまう。

昨年よりも5分以上タイムを落としてしまった。
この1年何をやっていたのか・・・
このタイムでは実業団ではまともに走れない。
1からやり直すどころではなく、自転車辞めようかと思う位。

 

今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170622060210j:plain

(フレーム)SCOTT FOIL
(クランク)DURA9000 52-34T(34Tのチェーンリングは6800)
(ホイール)BORA35 ウルトラ
(リアスプロケット)9000 12-28T
(タイヤ)ヴィットリア コルサ(23C)
(空気圧)F:8.0 R:8.4

 

今回のまとめ
・人間的な進歩が全くなかった。自分が大人だと思っていたのが凄く恥ずかしくなってきた。

 

レース後は栂の湯に浸かり、13時前のバスで帰路へ

f:id:dolphin-sport904:20170622060240j:plain

少し時間がなかったのでバタバタしてしまった。
白馬駅前でとんかつを食べて、14:37発のあずさで一気に新宿へ。
大網には20:30頃着。

結果としては散々だったが、栂池はコースとしては悪くない。
来年も参戦しようかと思う。

フクアリクリテ

エキスパート 25位(topより+1:32 出走数32名)

f:id:dolphin-sport904:20170605055601j:plain

近場で初開催のイベントなので、参戦。
何よりも遠くないので、アップがてら自走で。

f:id:dolphin-sport904:20170605055618j:plain

所持品は携帯、お金、エアゲージ位でツール缶に全部詰め込み、ほぼ手ぶらで。

1時間くらいで現地着、その後試走。

(試走)
思いの他道幅が広く、コーナーは減速しなくても済む感じかと。
路面がブロックを敷き詰めらている所は脚が削られそうな感じ。
ヒルズコートのコーナーはややきつい。
1周がやたら長く感じた。

(目標)
エキスパートだけあって、かなり強いメンバーがチラホラと。
どこまでついていけるか。
2周位耐えられるかどうか。

(レース)
他カテゴリーで落車が発生し、周回が6週に短縮。
スタート後、ローリング解除してからいきなり加速する感じ。
一気に1列棒状となり、ついていくだけで精一杯。
前走者との距離が空きそうになると何とか詰めてとにかく尻にしがみつく感じ。
コーナー後のインターバルで一気に加速できず、踏み負けてしまう。
コーナリングの処理も雑になり、コースアウトしそうになる事も。
2周目の電子フィールドのコーナー立ち上がりで前方を見ると、明らかに差が広がってしまう。
残り4周回のゴールラインを通過したところで先頭付近からついていけないくなる。
momozoさん、浜ちゃんとで何とか廻し周回を重ねるのだが、前で牽くだけの力はない。
何とか完走できた程度で終了。

とにかく、歯が立たなかった。


今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170605055711j:plain

(フレーム)FOIL
(クランク)アルテグラ6800 53-38T
(ホイール)GOKISO 38mm
(リアスプロケット)9000 11-25T
(タイヤ)エクステンザR1X(23C)
(チューブ)ミシュランラテ
(空気圧)F:6.8 R:7.2
チューブがラテックスなのでエアゲージを持参したが、空気が結構減る感じ。
スタート前にエアを入れて再チェック。

レース後は遅くならないよう帰路につき、夕方までには帰ることができた。

(まとめ)
・最初から歯が立たなかった。身の丈にあったカテゴリに参戦しましょう。
・コースは思っていたよりも走り応えがある。よくこんなコース見つけたと感心した。
・自走で手ぶらで来る人にすごく優しいレースだと感じた。余計なものを持ち帰らずに済む。

広告を非表示にする

きょうのかのうさん vol.5

秋元口(郵便局~公園入口まで、3.57km、平均斜度8.8%)のリピート練

f:id:dolphin-sport904:20170604080838j:plain

(メニュー)
10%位の上りでトルクを意識しながら負荷をかける。
タイム、出力は意識しない。
ケイデンスは75位を保つ感じで。

ウォームアップは宝竜寺口1本。
軽く脚を回すことを心掛ける。

秋元口
(1本目)15:41
最初なので徐々に負荷をかける感じで。
(2本目)15:02
すぐに下り、そのまま上る。
Cdは75位に落とすと、心拍の上がり方がややゆっくりと感じる。
2本目終わったらレストをやや長めにとってみる。
(3本目)15:27
Cdを70位に落としてみる。
(4本目)15:42
更にCdを60台して、トルクを掛けてみる。

タイムだけを見ると良くない感じだが、15分台を4本揃える感じ。
前回は続けて回数を重ねたので、一気に負荷がかからず、脚が止まってしまった。
今回は2本続けたらレストはやや長めにとり、回数を重ねても負荷を掛けることを意識。
秋元口2本でヤビツ1本位の感覚で、今回は4本で終了。
徐々にCd下げてみたが、心拍の上がり具合がゆっくりになる感じ。
パワー計がないので出力は計算するしかないが、平均トルクは15Nm位保てていた感じ。

斜度が上がるところはCd落とすと心拍が一気に上がらず、維持しやすい感じ。
秋元口の練習はこの感覚を意識しよう。

きょうのかのうさん vol.4

秋元口(郵便局~公園入口まで、3.54km、平均斜度8.8%)のリピート練

f:id:dolphin-sport904:20170528113404j:plain

鹿野山といったら秋元口
クランクをコンパクトにしたついでに暫く通い詰めようかと。
主目的は斜度が高い処での登坂力向上。

(メニュー)
秋元口は、短い10%位の上りが5つ位ある。
その上りでキチンと負荷を掛け、トルク(平均15Nm位)を意識する。
タイムは意識しない。
途中の緩斜面ではややレストする感じで。
スピードセンサーを忘れたのでギアとケイデンスを意識して負荷を掛けることを意識。

ウォームアップは宝竜寺口1本。
軽く脚を回すことを心掛ける。

 

秋元口
(1本目)14:35
意識する上りではCd80位を意識して。
(2本目)15:25
レストせずすぐに下り、そのまま上る。
1本目に比べると思うように負荷がかからず、ケイデンスが落ちる。
(3本目)16:49
途中で脚が動かなくなり、止まってしまう。
(4本目)15:03
3本目で辞めようかと思い、20分位休む。
気を取り直し、もう1本やってみる感じで。
今度はCdをやや低くして、少しリズムよく上る。
レストが効いたのか、何とか上れた感じで。

 

(今回の機材)

f:id:dolphin-sport904:20170528113827j:plain

(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード50-34T
(ホイール)キシリウムSLR
(リアスプロケット)5700 11-28T
(タイヤ)エクステンザRR1X(旧モデル)
(チューブ)R-AIR
(空気圧)F:7.2 R:7.6

 

スピードセンサーを忘れたので上りでどれだけ負荷がかかったのかの検証ができず。
ただ、回数重ねると一気に負荷がかけられなくなる。
ローラー等短時間高強度メニューをかなり意識しないと。

第5回 ハルヒル

榛名湖コース 45:05(40代年代別26位)

f:id:dolphin-sport904:20170523054509j:plain

(前日のTTはこちらで)

 

今季初のヒルクライム
例年なら、車坂峠、ハルヒルと続くのだか、両大会とも今年は同日開催。
どちらかになるのだが、ハルヒルを選択することに。

3時起床、3:30宿発、4時頃駐車場着。
アップは4:30頃から負荷を低めにして、心拍を徐々に上げる感じで時間を掛ける。
アップする時が脚が重く、一番調子が悪い感じがするので嫌な気分になる。

メシはおはぎ2つ、パン1ケ、バナナ1本、ヴァーム2ケ、アミノバイタル1ケ。

5:30頃会場に向かい、荷物を預けるがいつも通り時間がかかる。
今回は荷物預けをしてすぐにバイクを並べる。
人数が多いのでかなり並んでいる。
早く並べたおかげでスタート地点は先頭が見える位置で。
スタート前は天気もよくやや暑いくらい。
かなり待つことになるが、ウィンドブレーカーを着用しなく済むので助かる。
今まではアップもせずバタバタしていたので、余裕をもってスタートを迎えることができた。

途中まで集団走行なので設定タイムが分からない。
斜度がキツくなり、単独走になりそうなハルナ温泉辺りから設定タイム通りで走れるかどうか。

f:id:dolphin-sport904:20170523054538j:plain

今回は体重の4.5倍の出力換算でタイムを設定してみた。

 

(レース)
スタート~上室田
先頭付近で周りに合わせるようにして無理しない。
アップもせず結構バタバタでスタートを迎え、一気に加速する例年とは違い、ゆったりとした気分でついていける感じがした。
埼玉支部長を筆頭とするツブラーゼおやじ軍団を見切らないように。
途中チェーン落ちしたが、慌てず何とかリカバリー。
シフトチェンジを丁寧にしないとダメだと心掛ける。
斜度があるところで付いていこうとするとやや苦しい。
昨年よりもややペースが遅かったが、それでも心拍が190を超えてしまう。

上室田~ハルナ温泉
上室田の右コーナーを抜けると斜度が緩くなり、スピードに乗せる感じ。
初心者ゴールまでは列車に乗っていく感じで。
が、その後の上り返しで一気に負荷がかかり、心拍数が一気に195を超えるようになる。
このままでは最後まで続かない。
スタートから7.3km位で先頭から千切れてしまう。
そこから先は自分のペースを保つように。

ハルナ温泉~榛名神
単独走なので設定タイムを目安に耐える感じ。
斜度がきつくなるところなので、自分のリズムをどう保つか。
心拍数も190を超えないようにしてギリギリ耐える感じ。
かなり苦しく抜かれてばかりだが、ほぼ設定タイム通り走ることができた。
今回ここで耐えられたのが大きい。

名神社~ゴール
斜度が10%を超えるようになり、クランクを踏み抜くトルクがないと苦しい。
ケイデンスも一気に落ち、耐えるしかない。
ダンシングしようとするが対応できず、シッティングで耐えるしかない。
ただ耐えるだけ。
残り500m位で東君に一気に抜かれるが、ついていく脚がない。
この区間は全然ダメでどうかと思っていたが、設定よりも30秒落ちで済んだ。

今回も45分を切る事ができず。
ただ設定タイムでは45分切れるかどうかという感じだったので、現状の力通りだったと。
45分切りは来年に向けての課題として・・・

先に走っていた埼玉支部長は年代別6位に。

f:id:dolphin-sport904:20170523054623j:plain

しかもチーム戦を組んでいたツブラーゼは3位入賞に。
三人揃って45分切るところは素晴らしい。

見習いたいところです。

 

今回の「インチキ」機材

f:id:dolphin-sport904:20170523054701j:plain

(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード50-34T(5本アーム)
(ホイール)CORIMA ウィニウムMCC+(絶番)
(リアスプロケット)9000 12-28T
(タイヤ)ヴェロフレックス スプリンター
(空気圧)F:8.0 R:8.4

 

(全体的なまとめ)
・TTのタイムで、ヒルクライム駄目だと悟ってしまった。
・先頭についていけない時の見切りがよかったか、その後大きく失速せずに済んだ。
・榛名神社からのクランク踏み抜くトルクがない。こればかりは・・
ハルヒルだけは前の年よりもタイムが悪くなることはない。
ブルジョアな機材があるのなら徹底的に活用し、楽しまないと。

 

帰路は渋滞が激しく前に進まない。
高速が混まないうちに関越通過したいので現地で何もせず直接帰路に。
何とか夕方位に千葉に到着できた。

広告を非表示にする

第5回 ハルヒル(前日TT編)

タイム 10:13.688(71位)

何故かTTバイクがあるので、TTにもエントリー。
朝5時ごろ家発、8時過ぎに現地着。

f:id:dolphin-sport904:20170524052117j:plain

受付を済ませ、アップを始める。
アップした感じだと脚が重くダルい感じで気分が乗らない。


(レース)
スタート後一気に加速し、下っているせいか50kh位まで速度が伸びる。
このままいけるかと思っていたが、2分くらいで一気に心肺苦しくなる。
耐えられないまま、上りで失速。
下りで速度を伸ばしたいが速度が出せないまま折り返し地点へ。
その後上りで息が上がり、苦しいまま平坦区間へ。
速度が伸びないままゴールへ。
10分切れず、次の日のヒルクライムに不安が残る感じ。
久しぶりに血の味がし、苦しいのみ。

 

(レース後)
初めて伊香保温泉に行ってみる。

f:id:dolphin-sport904:20170524052520j:plain

石段の湯へ
ミシュラン度数)★★☆(午前中からやっている。シャンプ等常備)


時間があるので、いろんなところに行ってみる。

f:id:dolphin-sport904:20170524052558j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170524052832j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170524052847j:plain

 

次の日に向けて鰻で

f:id:dolphin-sport904:20170524053002j:plain

 

今回の「インチキ」機材(photo by いぬピー)

f:id:dolphin-sport904:20170524053048j:plain

(フレーム)WarpTT
(クランク)ローター 54-42T
(Fホイール)GOKISO 38mm
(Rホイール)BORA TT
(リアスプロケット)レコード 11-25T
(Fタイヤ)エクステンザR1G(23C)
(Rタイヤ)コンペティション(22C)
(空気圧)F:8.0 R:8.5

 

(まとめ)
・意外と高低差があり、上りで失速。
・ペース配分は考えないと。
・TT能力が低いとヒルクライムでも結果は残せないことがよく分かる。
・翌日のアップとしては丁度良かったか。次の日に疲労が残らなかった。
・機材が良くてもね・・・

 

(翌日のヒルクライムへつづけ・・・)

 

 

JBCF 鴨川TT・クリテリウム

5/14 JBCF鴨川クリテ

E2 2組 12位

f:id:dolphin-sport904:20170516062518j:plain

前日家に帰りバイクを交換して準備する。
近所のハヤト君、ハタ坊を迎えに5:45頃茂原発、7時前に会場着。

メシはパン2つ、ヴァーム2ケ、アミノバイタル1ケ。

早速ローラー台を準備して、7:30頃アップ開始。
アップは時間をかけて血の巡りをよくする感じで。
8:00から試走。
路面が濡れていないか、コーナーの曲がり具合は、ゴールまでの距離の感覚をチェックしながら。

試走を終わらせて早速検車を済ませるが、2組目なのに既にバイクが並んでいる。

(レース)
序盤3分の1位は身体を慣らす感じで。
全体の流れに身を任せる感じで、無理しない。

序盤から強度が高く、ついていくのに精一杯。
やや後方に位置取りしていたので、インターバルが強烈にかかる感じ。
心拍数も直ぐに180後半から190位に達し、そのまま維持する感じで落ち切らない。
序盤はやたら周回を重ねるのが長く感る。
ハヤト君は体調がよくなさそうだが、その割には前にしっかり付いている。
見切らないようしっかりと付いていく。

f:id:dolphin-sport904:20170516062540j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170516062805j:plain

(photo by 中村ゴリさん)

コース的には一気に減速する箇所はないので、コーナーも流れるようにクリアする感じ。
思っていたよりも癖がない感じ。
ただ、野球場に入る僅かな坂で詰まるので、前方に位置取る感じ。

周回を重ねるうちに位置を上げるポイントがあるように感じた。
陸上競技場の外周と、野球場の外周。
ソフトボール場の外周も位置を上げることができるが、あまり無理しないようにする。
マットが敷いてある左コーナーの少しの段差は丁寧にいなせば問題ない感じ。
またインターバルの立ち上がりの加速も、身体が徐々に慣れてきて維持できるようになる。

残り8周、3周位の野球場の外周で一気に位置を上げるが、残り2周で後方に追いやられる感じ。

残り2周の体育館脇のブラインドコーナーで先頭付近で落車。
やや後方にいたおかげで止まることなく回避できた。

この落車で前方で3人逃げが発生。
結構ばらけてしまい、4人位で追走することに。
残り1周でハヤト君が前に出て、何とかローテしようとし追走を試みようとする。
最後まで持つかどうか分からず、何をどうやればいいのかわからない感じ。
残り100m位でパタリと脚が止まり失速、4人以上ズブズブと抜かれていく。
最後まで付き切る粘りがなかった。


今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170516062834j:plain

(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード52-36T
(ホイール)GOKISO 38mm
(リアスプロケット)9000 11-25T
(タイヤ)エクステンザR1G(23C)
(チューブ)前:SOYOラテ、後:ミシュランラテ
(空気圧)F:6.8 R:7.2

クリテでもこの機材を選択してみた。
コーナーで安心できるよう、空気圧はやや低めにしてみた。

 

(全体的なまとめ)
・苦しみながらも、残り1周までは最善の策を尽くしたつもり。
・落車後にバラけた後、どうまとめるかの組み立てができない。
・辛うじてだが15位以内に入ることができ、順位ポイントを獲得できた。
・最初苦しくても我慢するしかない。耐えるしかない。
・自力で勝負できないのなら、何が何でも前にしがみつく粘りを。

続きを読む