読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

JBCF 宇都宮ロードレース

実業団レース

E2 61位(トップから3:02落ち)

 

 二日目のロードレース。

集合を6:00にしていたので、5時過ぎに軽く腹に入れる感じ。
(食事)おはぎ3ケ、バナナ2本、甘酒1つ、ヴァーム1ケ
駐車場は7時頃着。
凄く寒かったが、時間が経つに連れ少しづつ暖かくなった。

アップは7:30頃から。
3本ローラーで20分位廻したら、リアタイヤがパンク。
サイドが避けていたので他のタイヤに交換することに。
リアが25c→23cに変更したので、フロントも。
パンク対応が終わると、既に検車が始まっており、慌てて向かう。

検車が終わり、身支度を整えると既に整列している。
少し後方かと思っていたが、スタート時にはうまく右前方に位置することができた。

 

(今回の目標)
基本昨日と同様。 

(レース)
スタートして序盤の鶴CC辺りまでは前方に位置取りでき、余裕を持つことができた。
と、思っていたのもここまで。
試走で泣いていた鶴CCの上り、最初は何とかなったが、残り200mからの50mが壁となって立ちはだかる。
これ上りでなく壁だ・・・
シッティングで上ろうとしたが対応できず、慌ててダンシングで。
既に息が上がりきり、脚が全然動かずクランクを廻せない。
完全にトルク負けしてしまう感じ。
後ろから埼玉支部長(彩北ツブラーゼ)が力強く後ろから押してもらうが、為す術もなくゴール地点に。
さすがに力強いトルクでグイグイと上っていく。
そこから先は先頭集団を見切ってしまい、息が上がったまま下ることに。

スタート地点を左折してから何とか先頭集団が見え、後ろからついていく感じで2回目の鶴CCの上りに挑むのだが。
完全にとどめを刺されたかんじ・・・
息が上がりどうしようもない状態で森林公園から下り、気持ちも切れDNFも頭によぎる。

少し息が落ち着いてきた頃に、梅野さん兄弟(チクリヒデ)がいる集団に乗り最後までついていくことにした。

3回目の上りは落ち着く事ができ、最後の上りは浜口さん(セオレーシング)、嶋津さん(湾岸サイクリング)の背中を見ながらゴールへ。
梅野さん達にジュース等いただきながら、スタート地点に戻ることに。

 

リザルトを見ると埼玉支部長が9位に。
斜度のキツいところが得意なのだが、それが結果に表れる。
見習わないと・・・

 

その後、恒例(?)のB級支部会の打ち合わせ等(議題盛りだくさん(?))をやりながらレース観戦を。

f:id:dolphin-sport904:20170320105457j:plain

(E1のレース模様です)

f:id:dolphin-sport904:20170320105544j:plain

(きょうのかのうさん)

 

その後、E3のレースだが、新しく加入した方が8位、14位と上々の滑り出しを切ることができ、今後に期待が。
E3の検車時間の把握など、チーム員をうまくサポートできなかった面等反省するとこは山ほどあるのだが、落車等なく無事にレースを終えてよかった宇都宮。
帰りも行きと同様に宇都宮~下妻~常総IC~酒々井ICと経て時間がかかったが、何とか無事に家路に。


今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170320103237j:plain

(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード52-36T
(ホイール)GOKISO 38mm
(リアスプロケット)9000 11-28T
(タイヤ)エクステンザR1G(23C)
     →パンクしたので23Cに変更。チューブはミシュランラテに変更
(空気圧)F:7.4 R:7.8
いつもならFOILだが、ヘッド周りの不具合で急遽これ。

 

(まとめ)
・鶴CCの上りは残り200mからの上りが壁、普通の登坂スキルとは違う感じが。
・登坂スキルよりも絶対的パワーがないと話にならず、前日のクリテで走れないと厳しい感じがした。
・よって宇都宮はクリテとロードで同じ鍛え方をしないといけない感じが。
・ダンシングの技術は必須か・・・

今シーズンもよろしくお願いしますという感じで挑む、今回の宇都宮でした。

JBCF 宇都宮クリテリウム

実業団レース

E2 56位(トップから12秒落ち)

 

実業団開幕戦。
このレースに向けて色々と取り組んだのだが。

今回は車で4人同乗して宇都宮へ。
家を2時出発し、3人を迎えに行き、宇都宮着6時頃。
スタートまで以下時系列に・・・
6:30頃 ライセンスコントロール
7:00頃 3本ローラーでアップ
7:30頃 マネージャーミーティング
8:00頃 チームミーティング、出走の準備
8:30頃 スタート地点へ・・・
9:10  E2スタート

直前の食事は、コッペパン1つ、バナナ1本、おはぎ1つ、おにぎり1つ、ヴァーム1つ。

時間がないのは分かっていたが、バタバタしてしまう。
マネージャーミーティングに参加しなければならず、アップも時間をかけられない。
試走しようとしたが、9:10スタートなので既に検車、サインが始まっている。
試走できず、スタートで並ぶことに。

スタート時は前方付近に立つことができた。
レースに向けての準備等にやや手間取り、正直スタート地点に無事に立てるかどうか不安だった。
こうして開幕戦のスタート地点に無事立つことができ、ホッとした。

(今回の目標)
・現在の実力が通用するかどうか。
・結果は考えないように。
・コーナーの立ち上がりの加速で踏み負けないこと。

(レース)
スタートして1周目は前方に位置できた。
2周目の1コーナーをアウトから曲がろうとしたがリアが一気に滑ってしまう。
幸いにもグリップが戻り、何とか転倒は免れた。
その後よく確認すると、砂利等がハッキリと浮いていた。
試走せずにコースの把握ができなかったツケが。
そうなると1コーナーの進入はアウトからは避けたい。
その後、コーナーの加速で踏み負ける場面が多くなり、前に位置取りできる力がなかった。
5周目辺りで前方に位置するものの、心拍が付いていけずその後位置を下げることになった。
残り2周で前方に多数おり、無事に完走することを目標に無理しないように。

f:id:dolphin-sport904:20170320103120j:plain

(ふぉと ばい さやか嬢) 

 

その後、色々な方と挨拶をしながらレース観戦。
宇都宮の盛り上がりは凄い。
その後のマネージャーミーティングで少し眠くなり・・・
宿に着いたのが19時頃、その後餃子を堪能してすることに。

 

(まとめ)

・コーナーの立ち上がりで明らかに踏み負け、加速に付いていけなかった。
・明らかに絶対的パワーが足りない。
・集団内の位置取りは落ち着いていたが、脚がないので前方に位置取りできず。
・現状では明らかに通用しない。
・マネージャーミーティングで初めて質問した。

3/12 JCRC特別戦 下総

練習

いつもならエントリーするとこだが・・・

 

翌週から実業団が開幕することになり本来なら朝練へ・・・
が、いつもの朝練メンバーが参加したりするので自走がてら観戦することに。

近所のハタノ君が自走で行くという男気あふれることを聞いた同志(?)が募り、下総まで牽くことに。
今回下総まで自走で行くのは、ハタノ君、ハヤト君と僕で。

f:id:dolphin-sport904:20170314052024j:plain

FOILがワイヤー切れで乗れないので、ヨネックスで行くことに。
その旨ハヤト君に伝えたら、趣旨を分かってくれたようで・・・
強度的にはL2(耐久走)レベルで。

向かい風があり、速度が出ない。八街、成田まで無理せずに。
成田からは車も少なくなり、残り短くなるのでL3位(テンポ走)で少し負荷をかけてみる。

下総着は10時過ぎ。
のんびりしながらレースを観ることに。

(中級)
湾岸練やノースファームでお世話になっている進之介さんが参戦。
終止前に出て、スプリントも力の差を感じる位。

f:id:dolphin-sport904:20170314051457j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170314051603j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170314051811j:plain

ハタノ君も6位入賞。

 

(上級)
ヒガシ君、ニシ君が参戦。
ヒガシ君は前日の取手からの連戦。
実業団でも参戦している方もおり実力者揃い。

f:id:dolphin-sport904:20170314051902j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170314051928j:plain

見ていて楽しかった。

f:id:dolphin-sport904:20170314052000j:plain

ヒガシ君は3着、ニシ君は4着
上級の走りを見ていると来週の宇都宮が不安になってきた・・・

個人エンデューロでアベさんの走りを少し見てから帰路につく。
ニシ君たちは手賀沼に練習にいくという。
意識が高い方は違う・・・

僕らがそこまで行くと家に帰れなくなるので、もちろん帰ることに。
帰りはハヤト君のTIME(RXRS)に乗ることに。
ホイールがR-SYSだったが、35k/hで速度維持するのが楽な感じ。
しっかりと踏み込むとリズムに乗せやすい。
成田までは前で出て、その後はハヤト君に牽いてもらう。
帰りも向かい風で思うように速度が出ない。

サイクリングだと思っていた下総往復でしたが、最後脚がなくなった。

Cyclo-Sphere : Detail Analysis - 2017-03-12 07:36:04

 

(まとめ)
・参戦すべきだったか・・・(行田、修善寺走れてないので)

・でもレース参加なら、自走はなしか。


走行距離 96.11(km)
消費エネルギー 1439(kcal)(ガーミン調べ)
TSS 172(自分調べ)

きのうのかのうさん vol.2

練習

宝竜寺口(信号~突当りまで、5.07km、平均斜度5%)のリピート練

(メニュー)
L4 LT 3本~4本位で
強度はFTP100%位で

(1本目)
ウォームアップ
38-28Tで脚を上げることを意識し、丁寧に回すことを心掛ける。
ややかかりが悪く、Cdがやや低め。
time:17:52 NP:181.8W 

(2本目)
最初3分位、200W~220Wを意識、以降は230w前後を意識。
殿筋を意識する感じで。
time:15:02 NP:223.0W 

(3本目)
最初3分を220w位から入りその後250wを意識し、しっかり負荷をかけるよう。
殿筋から腿にかけて重く廻す感じだが、踏む意識がなく膝等違和感を感じず。
出力は280wを超えたらギアを一枚軽くするが、260wならそのままで維持するよう。
time:13:50 NP:248.1W
初めて13分台(やっとというか・・・)。 

(4本目)
3本目で出し切ったので230wを意識するが、かなりタレた感じ。
time:14:54 NP:222.3W 

(NPはパイオニア調べ)

cyclo-sphere.com


獲得標高 1112.3(m)
消費エネルギー 874.3(kj)(パイオニア調べ)
TSS 104.7(自分調べ)

終わってホイール外そうとしたら、リアディレイラーのワイヤーが切れてしまった。

大丈夫か・・・

3/7~3/9週報

練習

3/7(火)固定ローラー 負荷2
(メニュ)L6 AC(336W) 1m-2m×8(下限値300w)
⇒アップ15分。ダウン10分
 305w-320w-339w-338w-325w-321w-312w-317w
 3本目からはしっかり、6本目までやり抜く意識で(鶴CCを想定)。
 Cd90位でトルク17(N・m)で負荷をかけるように。
 残り2本はトルク掛けられず、300w維持するように。
 8本1分やりきった。

Cyclo-Sphere : Detail Analysis - 2017-03-07 16:39:06

 

3/8(水)固定ローラー 負荷2
(メニュ)L6 AC(336W) 1m-2m×8(下限値300w)
⇒アップ15分。ダウン10分
 303w-325w-328w-326w-326w-326w-312w-314w
 Cd96位でトルクを掛けられず。

Cyclo-Sphere : Detail Analysis - 2017-03-08 15:30:56

 

3/9(木)湾岸練

参加者10名。
最初の加速からしっかりとトルクを掛けないとついていけない。
途中何回か中切れになりかける(なってしまった)。
信号のつなぎが悪く、スプリント周回では途中止まってしまう。
スプリントは2周目は後ろから連れてってもらう感じ。
4周目は途中から飛び出し20秒位頑張るが、最後で刺される。
6周目、8周目は後ろから前を見切らないようする感じで。

Cyclo-Sphere : Detail Analysis - 2017-03-09 20:51:02

スプリントはあまり絡むことはできず。
ただ、後ろから見切らないようにしてしっかりと負荷をかけることができたか。
途中切れることなく最後まで持った。
ただ重いギアでトルクを掛けないといけない加速で出遅れてしまう。
踏み負けないように意識しないと。

広告を非表示にする

3/2~2/25週報

練習

月火水は休み・・・

 

3/2(木)固定ローラー 負荷2

(メニュ)L6 AC(336W) 1m-2m×8(下限値300w)
⇒アップ15分。2本目までは310w位で。ダウン10分
 全体的に脚が廻らない。
 303w-322w-336w-327w-324w-255w-305w-120w
 全体的に脚が重く、心肺も苦しい。
 3本目はしっかりと負荷をかけるが、6本目40秒位でダウン。8本目は最初から負荷掛けられず。

cyclo-sphere.com

 途中でダウンするがやり続けるしか・・・

 

3/4(土)近所、日向周回
未明の仕事明けだが、久々に近所のハヤト君と一緒に走ることに。
ハヤト君も正月から全然走っていないということなので、L2(耐久走)orL3(テンポ走)を目安に。
(1周目)
最初の成東までの旧道区間は34k/h位で。
全体的に負荷を上げすぎないようにするが、上りはやや負荷をしっかりかける感じで。
思っていたよりもハヤトくん垂れない・・・
下り切った後の東金商入口辺りでは千切れてしまった。
(2周目)
成東までの平坦区間では徐々に速度を上げて42k/h位で。
成東から日向までは、前に出てL4レベルで一本引いてみる。
L4位で9分弱頑張ってみる。
日向から源小まではハヤト君に牽いてもらう。
最後のアップダウンでは所々負荷を掛けながらは走る感じ。
2周で終了。

夜はハヤト君と近くの広島お好み焼き屋に行き、西日本ロードに向けて無駄にテンションを上げてみる。

cyclo-sphere.com

 

3/5(日)フリーダム朝練
今年初めて8時集合。
受験が終わった凪君と、前日の二日酔い(?)のハヤト君が今季初(かな)
最初の2段坂はニシ君が400w維持するようにしてすっ飛んでいく。
緩斜面でも差が広がるばかりで、原田まで捕まらないとあきらめていた。
つづらを下りてから、NP260wで我慢すると、ゴルフ場てまえで何とかニシ君を捕まえた。
帰りの原田からの坂は250wから入り、300w維持するように。
その後のつづらもシッティングを意識して。
その後はローテを守り程よい負荷を掛けながらうぐいすを終了。

cyclo-sphere.com


うぐいすの往復はキツいのだが、段々身体が慣れていく感じが。
さらなる高強度の練習に耐えられるベースを作らないと・・・

広告を非表示にする

ウインターロードレース大会 第2戦

ホビーレース

クラスB DNF

前回は輪行だったが、今回はニシ君、キタノ君と一緒に。
修善寺8時半頃着で、やや準備に手間取る。
ローラーでアップ始めるのが9:10頃。
アップするときに腿に疼くような疲労が残っている感じ。
時間をかけたいが9:30過ぎに終了し、そこから準備に手間取る。
締切間際に受付を済ませて、スタートラインへ。

消費エネルギー 175(kcal)(ガーミン調べ) TSS 20(自分調べ)

(今回の目標)
エントリーリストを見ると見覚えがある名前がチラホラと。
前回完走できなかったの先ずは完走。
先頭から見切らないようにしっかりと付いていく。

(レース)
スタート時、フロントをアウターに上げる際上がらずやや不安。
右回りでスタート後、上り終わりから下りコーナーが続く。
ボーラ35を履いたので下りは安定し、周りも落ち着いた感がする。
最初の坂は落ち着いて先頭を見切らないよう。
心拍数は大きく上がるがこれなら耐えられる。
上り終わりで前に出て、前目で下りに入る感じ。
下りで後ろにいると、上りで遅れた場合挽回できないから。
4周回が終わり、5周目の最初の上りでアウターに上がらずチェーン落ち。
しかもリングとフレームにかみこんでしまいうまく外れない。
そこでレースが終わり、5周目で脚切りとなる。
スタート時の不安が的中した。
アウターに上げる時にトルクがまだかかったままなのか。
その点も含め実力の無さが露呈した修善寺でした。

cyclo-sphere.com

消費エネルギー 518(kcal)(ガーミン調べ) TSS 62(自分調べ)

残念ながら2戦ともDNFとなってしまった。

 

修善寺番外編)
レース後、キタノ君、ニシ君、オオツカさんと西伊豆にサイクリングに。
キタノ君は「LSDだから問題ないよ」ということで一緒に行く。
まずは修善寺の中じまで海鮮丼を。

f:id:dolphin-sport904:20170302222410j:plain

 

f:id:dolphin-sport904:20170302222456j:plain

ミシュラン度数)★★☆(魚が旨い!シラスがポイント!!)


その後西に海を見ながら、内浦~戸田~土肥を経るルートへ。
海を見、富士山を見ながら気持ちよく走っていく。
ここまでは・・・
以前バイク乗ったとき、このルートは逆から走ったことがあるので何となく土地勘はあると思っていた。
結構アップダウンがあるのでは思っていたのだが、結構想定外だった。

大瀬からの上りは軽くジャブ。
ここまでは脚を廻してLSD的な感じで付いていけた。

戸田からの上りは結構長い・・・
キタノ君は流石に脚を軽く廻してスルスルと上っていく。
ニシ君、オオツカさんも何事なく上っていく。
僕はというとLSDどころではなく、両太ももに疲れが溜まる感じで脚が動かなくなる。
全然ついていけず1人寂しく上って行く。

f:id:dolphin-sport904:20170302222601j:plain

 距離:5.06km 獲得標高:250.8m(平均勾配:5.0%)
 (山岳度数)2級(僕の中では超級)
 この上りは鹿野山(宝竜寺)と同じ感覚かな。

土肥までたどり着き、メインディッシュの船原への上りに挑むのだが、麓から千切れてしまう。
というより太腿が全く動かず2回ほど止まってしまい、速度も一桁に落ちてしまう。
船原峠への分岐点で待ってくれて、何かあってもいいようにキタノ君に車の鍵を渡す。
 距離:8.09km 獲得標高:446.0m(平均勾配:5.5%)
 (山岳度数)1級(僕の中では超級)
 ここはヤビツを意識する感じかな。

命からがら船原トンネルを抜けると修善寺までは下っていく。
修善寺駅前で17時半。そこから最後の上りになるのだが、無事に車に戻れるかどうか時間との闘いが・・・
ベドロドームの屋根が見えたところでニシ君から連絡があり、何とか真っ暗になる前に車にたどり着くことができた。
 距離:7.29km 獲得標高:273.2m(平均勾配:3.7%)
 (山岳度数)3級(僕の中では1級)
 程よい距離、勾配でアップには丁度いい感じ。
 修善寺輪行する理由が分かった。

cyclo-sphere.com

後半の数値
総距離 90.72km  合計獲得標高 1595.0m  TSS 175(自分調べ)


その後○ナーメ御用達の台湾料理店で
1年ぶりだったので、量が出ることを忘れてしまい、他に3皿頼む暴挙を。

f:id:dolphin-sport904:20170302222733j:plain

1年ぶりに来たのでたらふくの量だということを失念していた。

f:id:dolphin-sport904:20170302222937j:plain

(photo by yuki kitano)
ミシュラン度数)★★☆(ほうれん草炒めは絶品!!)


食事後は某温泉部御用達の筥湯(はこゆ)でゆっくりと湯船に浸かり、キタノ君にアイサイトの使い方を教えて帰路につくこととなりました。
ミシュラン度数)★★★(源泉かけ流し最高!!)

 

今回の機材
(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード52-36T
(ホイール)BORAウルトラ35(初期型)
(リアスプロケット)9000 11-28T
(タイヤ)ヴェロフレクッス スプリンター
(空気圧)F:7.2 R:7.6
今回は36-28Tでないと生きて帰れなかった。


(まとめ)
・アウターに入れるかどうかちゃんとチェックしないと。
・4周目までついていけたのは昨年と同じ。
・JPTで走る人のLSDは次元が違う。僕だとLTレベルに。
 戸田からの上りはLTを意識して上るべきだった。
・伊豆の山はいいが、家から自走で行こうとは思わない。せめて輪行で。
・今回の上りはえげつない斜度がないので36-28Tでも問題なさそう。
・海を見ながらのヒルクライムは新鮮!!
・餃子定食は定番だが、しっかりと肉も食える。

4月の修善寺は宿取ってしまった。