読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

JBCF 鴨川TT・クリテリウム

5/14 JBCF鴨川クリテ

E2 2組 12位

f:id:dolphin-sport904:20170516062518j:plain

前日家に帰りバイクを交換して準備する。
近所のハヤト君、ハタ坊を迎えに5:45頃茂原発、7時前に会場着。

メシはパン2つ、ヴァーム2ケ、アミノバイタル1ケ。

早速ローラー台を準備して、7:30頃アップ開始。
アップは時間をかけて血の巡りをよくする感じで。
8:00から試走。
路面が濡れていないか、コーナーの曲がり具合は、ゴールまでの距離の感覚をチェックしながら。

試走を終わらせて早速検車を済ませるが、2組目なのに既にバイクが並んでいる。

(レース)
序盤3分の1位は身体を慣らす感じで。
全体の流れに身を任せる感じで、無理しない。

序盤から強度が高く、ついていくのに精一杯。
やや後方に位置取りしていたので、インターバルが強烈にかかる感じ。
心拍数も直ぐに180後半から190位に達し、そのまま維持する感じで落ち切らない。
序盤はやたら周回を重ねるのが長く感る。
ハヤト君は体調がよくなさそうだが、その割には前にしっかり付いている。
見切らないようしっかりと付いていく。

f:id:dolphin-sport904:20170516062540j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170516062805j:plain

(photo by 中村ゴリさん)

コース的には一気に減速する箇所はないので、コーナーも流れるようにクリアする感じ。
思っていたよりも癖がない感じ。
ただ、野球場に入る僅かな坂で詰まるので、前方に位置取る感じ。

周回を重ねるうちに位置を上げるポイントがあるように感じた。
陸上競技場の外周と、野球場の外周。
ソフトボール場の外周も位置を上げることができるが、あまり無理しないようにする。
マットが敷いてある左コーナーの少しの段差は丁寧にいなせば問題ない感じ。
またインターバルの立ち上がりの加速も、身体が徐々に慣れてきて維持できるようになる。

残り8周、3周位の野球場の外周で一気に位置を上げるが、残り2周で後方に追いやられる感じ。

残り2周の体育館脇のブラインドコーナーで先頭付近で落車。
やや後方にいたおかげで止まることなく回避できた。

この落車で前方で3人逃げが発生。
結構ばらけてしまい、4人位で追走することに。
残り1周でハヤト君が前に出て、何とかローテしようとし追走を試みようとする。
最後まで持つかどうか分からず、何をどうやればいいのかわからない感じ。
残り100m位でパタリと脚が止まり失速、4人以上ズブズブと抜かれていく。
最後まで付き切る粘りがなかった。


今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170516062834j:plain

(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード52-36T
(ホイール)GOKISO 38mm
(リアスプロケット)9000 11-25T
(タイヤ)エクステンザR1G(23C)
(チューブ)前:SOYOラテ、後:ミシュランラテ
(空気圧)F:6.8 R:7.2

クリテでもこの機材を選択してみた。
コーナーで安心できるよう、空気圧はやや低めにしてみた。

 

(全体的なまとめ)
・苦しみながらも、残り1周までは最善の策を尽くしたつもり。
・落車後にバラけた後、どうまとめるかの組み立てができない。
・辛うじてだが15位以内に入ることができ、順位ポイントを獲得できた。
・最初苦しくても我慢するしかない。耐えるしかない。
・自力で勝負できないのなら、何が何でも前にしがみつく粘りを。

 

5/13 JBCF鴨川タイムトライアル

天気予報通りの雨。
しかもかなりの量。
近所のハタ坊を迎えに行き、のんびりと会場に向かう。

長靴も用意し雨対策はバッチリ。
ライセンスコントロールを済ませ、マネージャーミーティングを行い駐車場へ。
かなり降っていたが、陸上競技場の建屋が空いていたのでそこでメンバーに伝達事項を。
屋根があるのは凄く助かる。

試走をしないつもりだったが、やはりすることに。
これが後になって大きく響くことに。
外は雨が結構降っており、アップする気になれない。
まず無事に完走することを目標に。

試走後からレース開始までやや時間があり、身体を乾かして冷やさないように。
スタート10分前くらいか、意を決して外に出てスタートラインに着くとレース中断の報が。
野球場の部屋の中で待機したが、程なくしてマネージャーミーティング開催の報が流れる。
コース上は冠水が酷くレースできる状況ではない。

その後のマネージャーミーティングでは路面状況の悪化により、レースキャンセルの提案があり異論なく承諾。
試走のつもりでレース走る予定だったが、試走しなければ次の日はぶっつけ本番で走るところだった。

その後、翌日のクリテのマネージャーミーティングは予定通りの時間なので、たこ焼きを食べながら時間を潰す。

f:id:dolphin-sport904:20170516063034j:plain

クリテのマネージャーミーティングは程なくして終わり、今回は家に帰ることにしたが、帰路に2時間位かかっていしまう。
その後バイクを入替えて準備等してすぐに寝ることにした。