読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

加須タイムトライアル

登録40~49歳の部
タイム 20:20.99(6位)

 

急遽エントリー。
しかし、全然乗っていない。
レース前に少し乗って感触を確かめる感じで。

4時に自宅発、長沼を5時通過、五霞の道の駅で小休止して、7時過ぎに現地着。

f:id:dolphin-sport904:20170509060632j:plain

前日に100km乗り込んでおり、疲労がどこまで残っているか不安。

スタート1時間前にイナーメアップオイルでしっかりとマッサージしてからアップを始める。
3本ローラーでアップしようとするが、河川敷の駐車場で設置に安定しないので近くの道路をでグルグルして35分位時間をかける。

タイムトライアルなので早めに並ばずに済む。
10分くらい前にスタート地点に移動する。

ヒルクライムのように、20分位耐えればいいかという気持ちで挑む。

 

(レース)
スタート後は徐々に速度を上げるようにし、慌てないよう。

f:id:dolphin-sport904:20170509060807j:plain

(ふぉと ばい さやかちん)
それでも1分位で40kh位に達するが、それからの速度が伸びない。
2km位走っただけで、苦しくなり止めたくなるくらい。
先が長いことを考えると気が遠くなる。
それでも踏んで速度を出さず、クランクをしっかり綺麗に廻すように意識する。
心拍数は175位で一定に。
速度が伸びず、折り返しまで長いがただ耐えるのみ。

何とか耐えて折り返してからは、打って変わって速度が一気に伸びる感じ。
45kh位を保ちながら何とか耐えきる感じで。
心拍数も185位で一定に保ち、集中力を切らさないことを心掛ける。
ゴールまでの距離と時間を考えながら、どこまでいけるかを考えてみる。

残り1キロ位でギアを1枚上げて速度を上げる。
速度を48kh位に保ちながらゴールまで耐えきるのみ。
心拍数も193に達し、どこまで保てるかどうか。

タイムは20:20。
平均速度が41kh位、現状の力がそのまま出た感じ。
ただ周りに聞いてみると行き向かい風気味だったよう。

ゴールして流しているとイナーメの龍太郎さんから声がかかる。
リアタイヤがパンクしてしまい、リアディスクを貸してほしいと。
龍太郎さん10速、僕が11速なのでスプロケ交換必須。
直ぐに快諾するが、自分のディスクがカンパーフリーなのに気づかず対応できず。
ここで終わってしまうかと思っていたが、その後サイクリングにやってきた佐藤さんのディスクで対応することに。
それでも残り2キロでパンクして、唯一の17分台。
あとイナーメの北野君のタイムがあまりに伸びず。
もてぎ後に体調を崩し、車の中でぐったりしていた。

一方、加納さんは行きの向かい風でガツンと速度を上げて、その後そのままで押し切る感じ。

その後はさやかちん達のテントでのんびりと餌付けされる。

f:id:dolphin-sport904:20170509060851j:plain

色々な方が集まりのんびりと過ごすことに。
連休気分を満喫した
その後海外帰りからの佐野(千)さんもやってきて餌付けされることに。

次第に風が強くなりチームタイムトライアルを迎えることに。

f:id:dolphin-sport904:20170509060925j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170509060945j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170509061008j:plain

f:id:dolphin-sport904:20170509073932j:plain

(きょうのかのうさん for teamTT)

f:id:dolphin-sport904:20170509061343j:plain

午前と打って変わってキタノ君がしっかりと走り、 チームTTではイナーメがタイトルを獲る。

 

今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170509061403j:plain

(フレーム)WarpTT
(クランク)ローター 54-42T
(Fホイール)GOKISO 38mm
(Rホイール)BORA ULTRA TT
(リアスプロケット)レコード 11-25T
(Fタイヤ)エクステンザR1X(23C)
(Rタイヤ)コンペティション(22C)
(空気圧)F:8.0 R:8.5

 

(まとめ)
・14kmは長い。
・向かい風で速度が伸びないと不安になる。
・やはりと思っていたがTT能力が低い。
・踏まないよう意識したおかげで、次の日膝が痛くなかった。
・心拍数は一定の値を保つことができた。

 

ヒルクライム強い人は、TTも速い。

体幹からしっかり鍛えて、身体の使い方を意識する練習をしないと。