読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

4/16 JCRC第2戦(群馬)

クラスB 10位

翌週が実業団なので試走も兼ねて参戦。
群馬CSC自体初めてという方もおり、引率がてら何人かで行くことに。

6時半着予定のつもりで、茂原発が3:20頃。
大宮(千葉東金道)から2時間で月夜野は無理だった。

高速から眺める谷川岳は雪が残っており、見事な景色だった。
群馬CSCに到着すると雪が残っていたが、凄く暖かった。

f:id:dolphin-sport904:20170418220727j:plain


念のため最初に試走してみることに。

スタート後の下りで雪解け水が流れ、路面が濡れている。
下りがどうなるか気になった。

スタートは13時頃。
食事は朝はパン2つ、おにぎり2つ、10時頃におはぎ2ケ、バナナ2本。
アップは11:50分頃から始める。
(アップ)
低負荷で時間をかけて徐々に心拍を上げるように。
Cd100位で14分過ぎてから、4分毎に1枚ギアを上げる感じ
最後はCd120位で30秒程インターバル3本。
全体で40分位。

(レース)
最初の周は路面も濡れていることもあり、下りコーナーは様子見。
1周辺り10:10~10:20前後とゆっくりとしたペースで。
リフト坂、心臓破りの上りは無理に上げる感じではなかった。
3周目のヘアピンで遅れてしまい、リフト坂まで少し脚を使ってしまう。
ヘアピンからの立ち上がりのインターバルはなかったが、脚を使うことになるので前目を意識する。
上りは雑にならないよう、落ち着いて丁寧に負荷を掛けるように。
リフト坂も自分のリズムが保てないので所々前に出て、心臓破りで負荷を掛けないように。
後半で1人前に出て、若干差が出るものの、7周目で合流。
ラストの心臓破りでダンシングの際、前の腿が攣りそうに。
最後まで皆残る感じで集団スプリントへ。
位置取りは悪くない感じだったが、ゴール前で横に広がる感じがして、勝負に絡めず。
後ろで連れってもらう感じでゴール。
序盤は余力があったのだが、最後で勝負するだけの力はなかった。

 

今回の機材

f:id:dolphin-sport904:20170418220834j:plain

(フレーム)SCOTT FOIL
(クランク)DURA9000 53-39T
(ホイール)BORA35 ウルトラ
(リアスプロケット)9000 11-28T
(タイヤ)ヴィットリア コルサ(23C)
(空気圧)F:7.0 R:7.4

 

(まとめ)
・スローペースだったが、自分で仕掛けたり、レース展開できるだけの力はない。
・路面が濡れているときの空気圧は問題なさそう。コーナーはしっかりと荷重を掛けることを意識。
・アップは余裕をもち、時間を掛けないと。

 

猿ヶ京のまんてん星の湯の入浴券がついていたので、顔の砂を流しに行くことに。

f:id:dolphin-sport904:20170418220954j:plain

水風呂がかなり効く。

帰路が長いのでそこで食事を。

f:id:dolphin-sport904:20170418221040j:plain

 

17時頃猿ヶ京を発ち、21時半頃茂原着。

いつもの渋滞に捕まりながらも大体想定内で帰ってきた。

 

来週のJBCF群馬はさらにハードになるかな・・・