読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ! B級の星!!

何をどう間違えたか、実業団登録してしまった中年ロード乗りの顛末記です

ウインターロードレース大会 第2戦

ホビーレース

クラスB DNF

前回は輪行だったが、今回はニシ君、キタノ君と一緒に。
修善寺8時半頃着で、やや準備に手間取る。
ローラーでアップ始めるのが9:10頃。
アップするときに腿に疼くような疲労が残っている感じ。
時間をかけたいが9:30過ぎに終了し、そこから準備に手間取る。
締切間際に受付を済ませて、スタートラインへ。

消費エネルギー 175(kcal)(ガーミン調べ) TSS 20(自分調べ)

(今回の目標)
エントリーリストを見ると見覚えがある名前がチラホラと。
前回完走できなかったの先ずは完走。
先頭から見切らないようにしっかりと付いていく。

(レース)
スタート時、フロントをアウターに上げる際上がらずやや不安。
右回りでスタート後、上り終わりから下りコーナーが続く。
ボーラ35を履いたので下りは安定し、周りも落ち着いた感がする。
最初の坂は落ち着いて先頭を見切らないよう。
心拍数は大きく上がるがこれなら耐えられる。
上り終わりで前に出て、前目で下りに入る感じ。
下りで後ろにいると、上りで遅れた場合挽回できないから。
4周回が終わり、5周目の最初の上りでアウターに上がらずチェーン落ち。
しかもリングとフレームにかみこんでしまいうまく外れない。
そこでレースが終わり、5周目で脚切りとなる。
スタート時の不安が的中した。
アウターに上げる時にトルクがまだかかったままなのか。
その点も含め実力の無さが露呈した修善寺でした。

cyclo-sphere.com

消費エネルギー 518(kcal)(ガーミン調べ) TSS 62(自分調べ)

残念ながら2戦ともDNFとなってしまった。

 

修善寺番外編)
レース後、キタノ君、ニシ君、オオツカさんと西伊豆にサイクリングに。
キタノ君は「LSDだから問題ないよ」ということで一緒に行く。
まずは修善寺の中じまで海鮮丼を。

f:id:dolphin-sport904:20170302222410j:plain

 

f:id:dolphin-sport904:20170302222456j:plain

ミシュラン度数)★★☆(魚が旨い!シラスがポイント!!)


その後西に海を見ながら、内浦~戸田~土肥を経るルートへ。
海を見、富士山を見ながら気持ちよく走っていく。
ここまでは・・・
以前バイク乗ったとき、このルートは逆から走ったことがあるので何となく土地勘はあると思っていた。
結構アップダウンがあるのでは思っていたのだが、結構想定外だった。

大瀬からの上りは軽くジャブ。
ここまでは脚を廻してLSD的な感じで付いていけた。

戸田からの上りは結構長い・・・
キタノ君は流石に脚を軽く廻してスルスルと上っていく。
ニシ君、オオツカさんも何事なく上っていく。
僕はというとLSDどころではなく、両太ももに疲れが溜まる感じで脚が動かなくなる。
全然ついていけず1人寂しく上って行く。

f:id:dolphin-sport904:20170302222601j:plain

 距離:5.06km 獲得標高:250.8m(平均勾配:5.0%)
 (山岳度数)2級(僕の中では超級)
 この上りは鹿野山(宝竜寺)と同じ感覚かな。

土肥までたどり着き、メインディッシュの船原への上りに挑むのだが、麓から千切れてしまう。
というより太腿が全く動かず2回ほど止まってしまい、速度も一桁に落ちてしまう。
船原峠への分岐点で待ってくれて、何かあってもいいようにキタノ君に車の鍵を渡す。
 距離:8.09km 獲得標高:446.0m(平均勾配:5.5%)
 (山岳度数)1級(僕の中では超級)
 ここはヤビツを意識する感じかな。

命からがら船原トンネルを抜けると修善寺までは下っていく。
修善寺駅前で17時半。そこから最後の上りになるのだが、無事に車に戻れるかどうか時間との闘いが・・・
ベドロドームの屋根が見えたところでニシ君から連絡があり、何とか真っ暗になる前に車にたどり着くことができた。
 距離:7.29km 獲得標高:273.2m(平均勾配:3.7%)
 (山岳度数)3級(僕の中では1級)
 程よい距離、勾配でアップには丁度いい感じ。
 修善寺輪行する理由が分かった。

cyclo-sphere.com

後半の数値
総距離 90.72km  合計獲得標高 1595.0m  TSS 175(自分調べ)


その後○ナーメ御用達の台湾料理店で
1年ぶりだったので、量が出ることを忘れてしまい、他に3皿頼む暴挙を。

f:id:dolphin-sport904:20170302222733j:plain

1年ぶりに来たのでたらふくの量だということを失念していた。

f:id:dolphin-sport904:20170302222937j:plain

(photo by yuki kitano)
ミシュラン度数)★★☆(ほうれん草炒めは絶品!!)


食事後は某温泉部御用達の筥湯(はこゆ)でゆっくりと湯船に浸かり、キタノ君にアイサイトの使い方を教えて帰路につくこととなりました。
ミシュラン度数)★★★(源泉かけ流し最高!!)

 

今回の機材
(フレーム)カーボネックス
(クランク)スーパレコード52-36T
(ホイール)BORAウルトラ35(初期型)
(リアスプロケット)9000 11-28T
(タイヤ)ヴェロフレクッス スプリンター
(空気圧)F:7.2 R:7.6
今回は36-28Tでないと生きて帰れなかった。


(まとめ)
・アウターに入れるかどうかちゃんとチェックしないと。
・4周目までついていけたのは昨年と同じ。
・JPTで走る人のLSDは次元が違う。僕だとLTレベルに。
 戸田からの上りはLTを意識して上るべきだった。
・伊豆の山はいいが、家から自走で行こうとは思わない。せめて輪行で。
・今回の上りはえげつない斜度がないので36-28Tでも問題なさそう。
・海を見ながらのヒルクライムは新鮮!!
・餃子定食は定番だが、しっかりと肉も食える。

4月の修善寺は宿取ってしまった。